ジャズアドリブ即興性は何割?

ジャズのアドリブ演奏というと、即興でメロディを作り出すことが魅力ですね。


他の奏者とコミュニケーションを取りあって、まるでその場で音で会話をする感じ…。


では、その即興性というのはどこまで「本当の即興」なのでしょうか。








実は、即興の部分というのは「2割」くらいなのではないかと私は思います。


え?全部即興じゃないの!?

と思いますよね。



私もそう思います。



はい、矛盾してますねw。



では、8割作りこんでいるかというと、そうでもないんです。



どういうことかというと、

即興演奏の中で吹いていることは、ほとんどが

「1度は練習したことがあること」であるということです。


ここの進行で、

「こんなことできるかな?」

「ここでこんな盛り上げ方したら面白いかな」という試行錯誤を事前にしています。


もちろんフレーズのはめ込みも練習したりします。



そういう意味で、「狙ってここでこれをする!」という計画性を持っている可能性があるということです。



そこで出てくる問題は、

実際にバンドで演奏してみたらそういう雰囲気ではない!となること。


そういう場合は、急遽「予定変更」します。


そういうところで「即興性」が試されます。

その流れに乗れるのか、乗りそびれるのか。

乗りそびれた時に後始末ができるか…とういのが「実力」です。



では、その「即興性」と「計画性」をどのように身に着けたらよいのでしょうか。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それには2種類の練習が必要です。


①「即興」でアウトプットする練習

これは、とにかく止まらずにアドリブを吹き続ける練習です。

まったく自由に吹くこともありますが、法則を決めて、その制限の中でアドリブを取り続けることもします。

例えば、

・8分音符だけをつかう

・1小節吹いたら2小節休むなど、吹く場所を決める

などです


また、この練習でもっとも効果的なのは、誰かほかの人と「Call & Response」する練習です。


この練習は、ソニー・ロリンズも河原で延々とやった方法としても有名ですね。


相手が吹いたことに対して、自分がどう出るのか、

その場で「即興」で答える必要があるので、

とても疲れます。

でもそれ以上に楽しいです!



②アドリブを作りこむ練習

もう一つ、「計画性」を育てるには、楽譜に書きながらアドリブを作りこむということが必要です。


新しく何か学んだとき、具体的に自分のアドリブにどう取り入れるかを考えます。


私はかなりこの作業に時間を使いました。


この法則をどこに入れたら効果的なのか

自分のソロの流れからだと、どれを使ったらいいフレーズになるのか


吹いてみては書き、書いては消しを繰り返します。


仕上がったものは、何度も吹いて練習します。


かといって、それを丸暗記して絶対忘れてはいけない!というわけではありません。


忘れても、いつのまにか出てくる、くらい身体に落とし込むのです。


なお、この練習、一見「即興」に関係ないようですが、

いつかは即興で出てきます。


だから、本当の即興の部分は2割なのです。



ということで、自分でアドリブを書いてから吹くんです!という方、

それで大丈夫なんですよ!



ただ注意がいるのは、

それだけをやっていてはだめだということです


①もしっかり平行してやりましょう。


必ず「即興性」もついてきます。












49回の閲覧0件のコメント

​レッスン開講日

 

現在はオンライン添削レッスンのみですので開講日の設定はございません

​対面レッスンを行う際更新させていただきます

 

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • 黒のYouTubeアイコン

場所

 

愛知県名古屋市昭和区御器所

地下鉄荒畑駅から徒歩7分

saxopark2020@gmail.com

Tel: 090-9178-4696

twitter@marihatano_sax

Facebook@秦野真里

youtube   https://www.youtube.com/channel/UCbzRKuFZTISfq3B09TfANOA?view_as=subscriber

© 2023 by Key Lessons. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now